妊娠中の皮膚の構造と注意

妊娠中の皮膚の構造と注意

妊娠線は急激に体重が増えて、脂肪に皮膚の伸びが追いついていかないからつきます。

 

皮膚の下にある真皮が裂けた線がコレです。

 

特に赤紫色で凹凸していることが特徴。

 

妊娠線クリーム 人気

でも、出産が終わると、だんたん白くなります、でも中にはずっと赤いままの人もいるので、そうゆう人は早めにケアしたほうがいいでしょう。

 

炎症を起こしているので、肌が弱ってしまいます。

 

また、妊娠線は、お腹だけでなく、太くなった腕、太腿、おっぱいやおしりなどにも出来るので、特に妊娠後期は要注意ですので、お風呂上りと寝起きの朝は、体中に塗ったほうがいいですね。

 

特に、肌にかゆみが出ると、妊娠線が出てくる信号ですので要注意ですね。